Loading...
地域で育み、社会に羽ばたく
地域で育み、社会に羽ばたく

他を思いやり、自ら学びとる。実践能力の高い看護師を育成します。

命のはじまりから終わりまで。様々な人間の一生に関わるのが看護という仕事です。
だからこそ看護師にはスキルだけではなく、人を思いやる心が不可欠だと考えています。
相模原看護専門学校ではこうした基本をきちんと教え、病院で実習を何度も重ねることで実践能力の高い看護師を育成します。

学校紹介動画サガカン座談会

point1

自主性とチームワークを学ぶ
少人数のグループ学習

一人ひとりが自ら学び・考え、仲間と協力しながら成長するために少人数のグループ学習を実施しています。

point2

実践力を身につける
シミュレーション教育の充実

豊富にそろった機材を使った授業や模擬患者での実施体験などを充実させることで、医療の現場で役立つ実践力を養います。

point3

地域医療を担う一員として
地域との連携

学校行事や地域行事を通じて地域の方々との交流を深めたり、地域の病院と連携して実習を行うなど、地域と一体で健康支援に携わります。

教育内容についてもっと詳しく

相模原看護専門学校からのお知らせ

相模原看護専門学校のご案内

相模原看護専門学校在校生のブログ

    • 2018

      12/19

    • 学校生活 模擬患者さんとの演習を通して学んだこと
    • 私たち1年生は、12月4日に初めて模擬患者さんでの実習を行いました。 事例を使い、グループ毎に看護過程の展開をし、模擬患者さんに看護を行いました。看護計画を考えケアを行うことは大切ですが、患者さんを目の前にした際に、患者...続きを読む
    • 2018

      12/6

    • 地域との交流 相武台こどもまつりに参加しました!
    • 12月2日、学校の隣にある相武台まちづくりセンターで行われた、相武台公民館主催のこどもまつりに参加しました。出店するお店や出し物の企画・運営は、こどもたちを中心に地域の方々と一緒に考えました。私たちは、こどもたちのアイデ...続きを読む
    • 2018

      11/22

    • 学校生活 OSCE(客観的臨床能力試験)を終えて
    • 11月7日に臨床看護技術演習という科目で、模擬患者さんを迎えたOSCE(客観的臨床能力試験)という実技試験が行われました。これまで模擬患者さんを迎えた授業では、グループで援助を考えたりケアを実施していました。しかし、この...続きを読む